コンプレックスといじめ

いつの時代も形を変え起こってしまういじめ問題。原因は?なんて書くともっと奥深いものだろうと思われてしまうので、あえて経験談から。

大小含めていじめが頻繁にあったろうなと思うのが中学生時代。もう20年以上前のことになりますが。いじめの発端は、なんでしょうね、最初にどう人と接しているかということから始まっているような気がします。

暗い性格の子は明るい性格の子よりもターゲットになてしまいやすい感じがあるような気がします。そして中学生くいらいの年代になると必ずといっていいほどグループが分かれますよね。

それは話をしていて気の合った仲間が集まります。そしてほとんどの子がどこかのグループ(仲良し組)になって行動を共にすることになります。みんなそうだと思います。今でも。

でも中にはそういったグループに入れない子も。元々人と一緒にいるのが苦手な子、そういった子は必ずいるものです。あとは容姿に関してです。ちょっとした目立つ部分があるだけで、そこを突き大げさに扱います。

本人がコンプレックスに思っていなかったとしてもです。例えばアゴや顔の大きさ、喋り方やちょっとしたクセ、そうして酷いあだ名が付く。そういった少し珍しいことでさえネタとして扱い、茶化します。

まだ茶化しているだけでは可愛いものです。いじめは発展がもっとも厄介です。いじめている本人たちは事の重大さに気付きませんし、そのままエスカレートします。茶化しておいて何も反応がなかったり反抗してこないとなると、またその次があることが多いです。

反抗してこないとなると、言うことを聞く人間だと思われてしまい、次には命令という形で接してくることも少なくないでしょう。そしてその命令がまた大きなものになり、心の負担にさえなってきます。

こうならない為には、事前に防げるような環境が必要だと思います。友達ができるように明るく振舞うのはもちろん、親が明るい子に育てる努力、人に対して挨拶がしっかり出来る子にする、などというのも孤立しないようにするために小さな頃から必要だと感じます。

誰だっていじめの対象になってしまう可能性はあるのですから。

 

バカもーん!!!!

日曜日の6時半から30分の間に1回聞けるかどうかのフレーズ。

波平さんがカツオ君を怒鳴るときの一発。
ありゃ効くね。

波平さんの声優さんが変わってもう結構経ちますが、すっかり今の声に馴染みました。

逆に前の声優さんの声がしっかりと思い出せない。
ま、youtubeなどで昔のサザエさんを見ると、蘇ってきますが。
そう考えると、youtubeなどのサイトって貴重に思えてきますよね。

昔のアニメなどを見ると、小学生だったときの夏休みの朝なんか思い出せますし、
ちょっと年代の違う人と見ていると年代のギャップを感じることも出来る。

そういったのも楽しい。
で、波平さんのてっぺんの髪は抜けないね。

あの1本だけかなり毛根が強いというか。

ま、漫画だからしょうがないけど、いつか漫画を描いている人が
1シーンだけ髪の毛を描き忘れるってことはないかと意識して観ているのですが
そう簡単にはいきませんね。

全部しっかりと生えています。

少し昔の回想シーンでは長い髪3本くらい、バーコード状態のときがありました。
そういった見方をしているのは全国で私ぐらいと思っていますが、そんなことはありませんよね。
さーて次回のサザエさんは・・

波平、増毛にチャレンジ
波平、床屋さん5分で退店
波平、くしを選ぶ

の3本です。

こんな回を見たいな・・w

人から見られるのを意識してしまうくせに、なりたい自分になれない

まあ、記事のタイトルどおりのことを悩んでいるわけですが、人の目って気になる人と
そうでない人います。

私はどちらかというと前者の方。
人からこう見られたくないなと思っているのに、理想とする自分になれない。

代表的なのが体型ですね。
ココ最近太ってきて、今が人生MAXの体重であったりします。

もちろん人からはカッコイイという目で見られたいと思う。

でも現実はまったくかっこよくない。

 

このギャップ。

単に努力をしていないと言われれば否定できない状態にある。

格好いい体型になりたいと思っているけれども、特に運動や筋トレなんかはしていない。
それで、悩むなんて本当に幸せな奴だと自分で思うくらい・・
何かキッカケがあればって思うこと自体、甘えなのかもしれない。

いや、それは甘えですね。
目の前に、一瞬で一目惚れするような美女が現れて、私を本気にして欲しいとでも
頭のどこかで思っているのでしょう。

本当にイタイ・・・w
ダイエットの神が降りるってどういった気分だろう、たまにテレビで見るけどね。
やっぱり、思いもしなかった人から、罵声でも浴びせられると本気になれるのだろうか・・
だと考えているとまた、人任せってことになるよね・・ほんと重症だな俺・・・

やくみつるの増毛法はこれだった

写真うつり

自分で自分の写真を撮るときってたまにありますよね。
最近なんかはセルフィースマホつって自我撮りのアイテムなんかも2015年ヒットしているらしく
まあ、私は人に見せるほどの写真なんて撮ることはまず無いんですが、
この前、友達に撮ってもらった写真をみて愕然とした。

だって、薄いし太いし。

写真はウソつかないね。
もうちょっとスリムに撮ってくれたらいいのに・・w

でもこれが現実。

あ~人からはこういう風に私は見えているのか・・なんて思うと
写真トラウマになってしまいそうだ。
でも結局は自分で何とかしないとどうにもならないのは自負しています。
好きなものが食べられなくなる生活?数ヶ月だけ?頑張れる?と
自分に言い聞かせてみる。

でも目の前には、後で食べようとしているカップラーメンが・・
これを食べてから考えよう・・

それがだめなんだ。
ちょっとは努力できる人間だと自分では思いたいけど、やっぱ先延ばしの性格は
染み付いているんだな~。

なんかコンプレックスブログみたい。
痩せたら、今自分でも思いもしない自我撮りなんてしたくなるんだろうかな?
やっぱ、何かに頑張っている自分でありたい。

今何か頑張っている?

と自分に問う。
これといって出てこないのが虚しい・・

嫌な時期が重なる

結婚していないものとして髪の毛ってかなり大事だなって思う。
ま、男の意見としてだけどね。女性からしたら小っさい男だななんて思われるかもだが・・

とうのも、結婚しなくちゃな~したいな~って思う時期って男性で言うと
今の時代30代のうちにって思う人も多いと思う。

晩婚化だからね。20代ではまだ早いって思ってしまうのが、余裕をぶっこいてしまうのか・・

で、30代になってやっと婚活だって言う時期に

頭が薄くなってきているんだこれが・・やっぱ1人暮らしっていうのを
何年も経験していると食生活っていうのが思ったよりぐちゃぐちゃになるんだね。

好きなものを好んで食べるばかりの生活になってしまうから。
あ、それを言い出すと薄毛だけじゃなくて、太ってくるといったことにも関係してくるかな。

でも今は薄毛の問題。
気付いた時にはもう地肌が結構見えてきていて、これじゃ女子は気にしない人が
多いというながらも、男性としては自信を無くしてしまうのも当然といえば当然。

女性でいうお肌の感じってとこかな。

だから、ますます婚活に力が入らなくなって先延ばし決定・・?

まあ、性格もあるでしょうけど、こういう境遇の人って結構いますよね?
ま、とりあえず私がそういう状況なのよ、だから嫌な時期は重なるっていうかね~・・。